大藪龍二郎

大藪龍二郎

画像をクリックすると画面サイズに合わせて表示します。

粘土はバクテリアが長い時間をかけ作り出す。 その「いきもの」で形をつくり炎によって生まれる「永遠の命」

やきもの作家・実験縄文考古学者

大藪龍二郎

縄文土器の焼かれていた時代の道具や焼成法を再現し、 体感した事柄を現代の「やきもの」へと反映する手法で制作している。

この作品が気に入ったら
こちらのハートマークを押してください